第26回シェル芸勉強会及びエクシェル芸勉強会

Mon Dec 26 10:26:44 JST 2016 (modified: Sat Sep 30 16:15:34 JST 2017)
views: 953, keywords:

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

第26回シェル芸勉強会及び エクシェル芸勉強会

 

千葉工業大学 未来ロボティクス学科 上田 隆一

年末は31日まで営業中

近況

  • 読みました???
    • まさかここに来たのに読んでないことはないですよね?
      • ないですよね?
        • ないですよね?
          • ないですよね?
            • ないですよね?

以上。

シェル芸とは

マウスも使わず、ソースコードも残さず、 GUIツールを立ち上げる間もなく、 あらゆる調査・計算・テキスト処理を CLI端末へのコマンド入力一撃 で終わらすこと。あるいはそのときのコマンド入力のこと。

今回の問題

拡張子が.pptx, .docx, .xlsxのファイルの扱い

と言ってもMicr○s○ft ○fficeの使い方ではありません

Micr○s○ft ○fficeのドル箱ソフトの 生成するファイルを 基本ダーターのシェル芸で 操作してもらいます。

  • 読み
  • 書き
  • 生成

進め方

  • 1問に15分強
    • 問題に対するアプローチを考える
    • それを実現するコマンドやオプションがないか調査
    • 手を動かす
  • チーム分け(6人くらい)
    • 玄人は教える
    • 素人は教わる
  • 今回はシェルスクリプトOK(ややこしいので)

ということで開始



prev:【問題と解答】第26回シェル芸勉強会及びエクシェル芸勉強会 next:Python2.7でOpenCVを使ったコードをTravis CI(まだUbuntu 14.04)でテストするときの設定





このサイトではGoogle Analyticsやその他ソーシャルボタンのためにCookieを使用しています。もし同意いただけない場合はブラウザでクッキーを無効にして閲覧をお願いします。This site uses cookies for Google AdSense and some social buttons. If you cannot accept our use of cookies, please disable cookies on your browser.