コートを間違えて持っていかれて鍵も持ってかれて家を締め出された時の記録

Mon Jan 1 23:05:23 JST 2018 (modified: Tue Jan 2 07:37:46 JST 2018)
views: 3759, keywords: 遭難

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • 12/29 11時ごろ: ゴールデン街の飲み屋で帰り際、コートがないことに気づく。小さい店で総出で探してもらったが見つからず、故意か酔っ払いの間違いか分からんけど持ち去り確定。店は次の日から休みで、持っていった人からの連絡を受けられず、年内には解決しないこともほぼ確定。

  • 12/30 0時過ぎ: 「うちに泊まる?」と言ってくださった方もいたが、帰りのタクシーで鍵師サービスに電話、マンションに戻る。管理事務所に駆け込む。ちなみに賃貸だと大家さんに連絡がつけば開けてもらえるけど、分譲ではそういうことは無い。以前、カミさんが内鍵をかけて寝てしまって締め出されたときに経験済み。(その時は電話をガンガンにかけてなんとか。)

  • 12/30 1時ごろ: 管理事務所の椅子に座って鍵師を待つ。1:15分ごろに到着。物腰の柔らかい人。ただ、鍵を見て「これやな予感が・・・開かないかも」と、自宅の鍵が難攻不落なタイプだと告げられる。また、開いたら定価だとものすごい請求金額になってしまう(具体的な金額は言わないが学生には無理な程度)との説明で、自身が楽観的すぎたことを知る。1時間、時間をくれとのこと。

  • 12/30 2時ごろ: 管理事務所で待機。事務所はそんなに暖かくなく、また、ひ弱な自分の感じる寒さは屈強な警備員には如何とも伝え難く、体が徐々に冷え出す。事務所のお湯をペットボトルに詰めて、飲んだり体に当てたりして暖をとる。ただ、テレビであらびき団が放送されていて、寒さを若干忘れさせてくれる。大変助かった。奥歯ガタガタ言わせ節のおかげで生きねばならんと思った。

  • 12/30 2時半ごろ: 鍵師の方から連絡がないのでコート無しだが様子を見に行く。格闘中。なかなか開かないとのこと。ただ、たぶんプロ根性で開くまで頑張る感じがヒシヒシと伝わって来たので、いつ諦めてもいいですよと告げて管理事務所に戻る。

  • 12/30 3時半ごろ: 鍵師の方から開かなかったと電話連絡。お代はいただかないとのこと。会いに行ってお礼をしたかったが体温が持たないと思い、電話越しに感謝して帰っていただく。ちょうど、警備員の少し偉い人が来て、和室を使わせてもらえることになった。和室で座布団をひいて、和室にあったストールみたいなものと、落とし物の毛布(落ち葉付き)にくるまって寝る。暖房の温度は高くしてもらえたので体温はなんとか保てた。震災の際に避難生活をしていた人たちやマッチ売りの少女の気持ちが本当によく理解できた。それが今回の1番の収穫だった模様。

  • 12/30 5時半ごろ: 短かったが熟睡できた。愛知の実家に戻ってたカミさんと連絡がとれる。戻ってきてくれるとのこと。

  • 12/30 8時ごろ: また熟睡の後、起床。警備員の一番偉い人と話。管理事務所にいてもいいけど和室は引き払うように言われる。再び寒い管理事務所に。ただ、外はそんなに寒く無くなっていて、なんとなく先が見えてきた気分。

  • 12/30 8時半ごろ: 近所のドトールで朝食。店員さんと普段から話をしていたので、事情を話していつまでもいてくださいと声をかけていただく。時間がもったいないので溜まってたメールの片付け、学生への就活情報の転送、黄色い機械学習の本の読み込みを行う。普段から寒がりなのと体力低下した上コート無しだったので、ドトールも寒く感じたが我慢。日陰者なので、いつもはひなたは避けるが、ひなたに。

  • 12/30 10時半ごろ: ドトールでカミさんに大爆笑の上、救出される。管理事務所に寄って礼と解決した旨を伝えて家に帰る。鍵が一本あるだけで家に入れる。鍵すげえ。すぐに風呂に入る。その後、ポケットに入ってたクレジットカード2枚を停止。Viewスイカのチャージ金額が戻ってきて不幸中の幸い。

得られた知見

  • 周囲の助けがないとどんなに偉そうにしても死んでまう。謙虚に生きよう。
  • へーすぶっくで、「鍵を電子化しなきゃね」などと一般論でアドバイスしてくれる人に対し、それでも締め出されるときは締め出されるから俺に向かって陳腐な知識披露してんじゃねえよクソなの???&マンションには管理規約があって好きにカスタマイズはできないっつうことをしらねえんでねえの???と毒づいてしまい、人間、謙虚さを保つのは無理だと。

おわりに

あったことを列挙しただけであんまり面白くなかったかもしれないけど、皆様におかれましては、家に人がいないときに鍵をなくさないよう、ご注意をお願い致したく。

そういえば、一昨年あった↑の事件についてもブログには書いてないのでそのうち書こう。

寝る。



prev:雑記(2017年12月27日) next:雑記(2018年1月6日)





このサイトではGoogle Analyticsやその他ソーシャルボタンのためにCookieを使用しています。もし同意いただけない場合はブラウザでクッキーを無効にして閲覧をお願いします。This site uses cookies for Google AdSense and some social buttons. If you cannot accept our use of cookies, please disable cookies on your browser.