【問題と解答】jus共催 第56回シェル・ワンライナー160本ノックアウトシェル芸勉強会

Tue Nov 2 11:00:33 JST 2021 (modified: Tue Nov 2 11:00:33 JST 2021)
views: 477, keywords: プログラミング,勉強会,シェル芸,シェル芸勉強会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • 問題で使われているデータファイルはGitHubにあります。クローンは以下のようにお願いします。
$ git clone https://github.com/ryuichiueda/ShellGeiData.git
  • 環境: 解答例はUbuntu 20.04 LTSで作成。Macの場合はcoreutilsをインストールすると、GNUのコマンドが使えます。BSD系の人は玄人なので各自対応のこと。

Q1

日本語を入力せずに、端末に月月火水木金金と出力してください。

解答例

$ cal | sed -n 2p | sed 's/^.//;s/...$//' | tr -d ' '| sed 's/^./&&/;s/.$/&&/'
   月月火水木金金

Q2

次のコマンドからパイプをつなげて、「今日の仕事は、楽しみですか。」と出力してください。

$ echo 今楽日しのみ仕で事すはか、。

解答例

$ echo 今楽日しのみ仕で事すはか、。 | sed p | sed -E '1s_(.)._\1_g;2s_.(.)_\1_g' | paste -sd ''
   $ echo 今楽日しのみ仕で事すはか、。 | fold -b6 | sed 's/./& /' | rs -T | tr -d ' \n' | awk 4

Q3

 red.txtから色(ANSIカラーコード)を除去してください。特に一般解を考える必要はありません。

$ less red.txt
   ・・・
   perESC[01;31mESC[KseESC[mESC[Kvering
   furtivenESC[01;31mESC[KesESC[mESC[Ks's
   remeESC[01;31mESC[KdiESC[mESC[Ked
   ・・・

解答例

$ cat red.txt | sed 's/\x1b\[01;31m//g' | sed 's/\x1b\[K//g' | sed 's/\x1b\[m//g'
   ### nodeのstrip-ansiを使う ###
   $ cat red.txt | strip-ansi

Q4

端末に次のように描画してください。

解答例

$ echo -e '11\n 11  44\n     433\n6666 433' | sed 's/ /  /g' | sed 's/[^ ]/\x1b[4&m  \x1b[m/g'

Q5

ros_logファイルは、複数のプロセスがログを書き込んだファイルです。次のようにVALUEという文字列をgrepで検索すると、行の最初の文字列が欠けている行があります。

$ grep VALUE ros_log
   [ INFO] [1634194596.339889867, 13.823000000]: VALUE ITERATION START
   [ INFO] [1634194606.707089069, 24.183000000]: VALUE ITERATION END
   (中略)
   [ INFO] [1634194838.176935414, 255.523000000]: VALUE ITERATION START
   [ INFO] [1634194849.754396571, 267.092000000]: VALUE ITERATION END
   31, 306.723000000]: VALUE ITERATION START
   [ INFO] [1634194901.293168836, 318.602000000]: VALUE ITERATION END
   [ INFO] [1634194928.835154334, 346.130000000]: VALUE ITERATION START
   [ INFO] [1634194939.614970195, 356.902000000]: VALUE ITERATION END

小問1

この、欠けている文字列をros_logから探してください。

小問2

欠けている部分を上のgrep VALUE ros_logの出力につなげて、各行に描いてあるふたつの数字の差を出力してください。左の数字はシステムの時刻、右の数字はプログラムが走り出してからの秒数なので、すべての行の差が(だいたい)一致すると、正しくデータが復元していることが分かります。

解答例

小問1

ログの壊れ方にもよりますが、ros_logの場合は次のような正規表現で検出できます。

$ grep -E '[0-9]{10}\.[0-9]{7}[^0-9]' ros_log
   [ INFO] [1634194889.4049047[INFO] [1634194845.100680, 262.442000]: DELTAS: 42.0, 4298.0, 995.0, 231.0, 148.0, 909.0, 995.0, 269.0

小問2

$ grep -E '[0-9]{10}\.[0-9]{7}[^0-9]' ros_log | sed 's/\[I.*//' | cat - <(grep VALUE ros_log ) | awk 'NR==1{a=$0;$0=""}/^3/{$0=a$0}NF{print}' | awk '{print $3,$4}' | tr -d '[],:' | awk '{printf("%f\n", $1-$2)}'
   1634194582.516890
   1634194582.524089
   1634194582.546208
   1634194582.554430
   1634194582.562755
   1634194582.571231
   1634194582.584208
   1634194582.591131
   1634194582.617389
   1634194582.625124
   1634194582.653935
   1634194582.662397
   1634194582.681905
   1634194582.691169
   1634194582.705154
   1634194582.712970

Q6

house.pgmは、ある環境の地図です。この地図は1画素で5[cm]四方の領域に物があるかないかを示したものですが、1画素10[cm]四方に解像度をさげたいと考えました。田字型の4区画で、値が最も小さい(色の濃い)画素を残す方法で、解像度を下げてhouse_s.pgmというファイルに保存してください。基本的に画素をAWK等で加工する解を想定していますが、できる人はImageMagickを使ってもかまいません。また、AWK等で処理する場合、できる人はforやwhile文を使わないでやってみましょう。

  • 図: 解像度を下げる前後の地図

解答例

$ convert house.pgm -compress None - | awk 'NR>=6' | sed 's/ /\n/g' |
   awk NF | paste - - | awk '{print ($1<$2?$1:$2)}' | xargs -n 192 |
   rs -T | sed 's/ /\n/g' | awk NF | paste - - |
   awk '{print ($1<$2?$1:$2)}' | xargs -n 192 | rs -T |
   cat <(head -n 4 house.pgm ) - | sed '1s/P5/P2/' | sed 2d |
   sed '2s/384/192/g' > house_s.pgm

Q7

a^3 + b^3 = 6963472309248a <= bとなる整数の組(a,b)を全て求めてください。できる人は、48988659276962496に対して同様に(a,b)を求めてください(桁落ち注意)。

  • 参考

解答例

$ seq inf | awk '{print $1,6963472309248 - $1^3}' |
   awk '$2>0;$2<=0{exit}' | teip -f 2 factor |
   grep -P ': ((\d+) \2 \2)( (?1))*$' |
   awk '{a=1;for(i=3;i<=NF;i+=3)a*=$i;print $1,a}' | awk '$2>=$1'
   2421 19083
   5436 18948
   10200 18072
   13322 16630

桁落ちの心配のないもの。

$ seq inf | awk '{print "48988659276962496 -", $1 "^3"}' |
   bc | awk '$1>0;$1<=0{exit}' | factor | awk '{print NR,$0}' |
   grep -P ': ((\d+) \2 \2)( (?1))*$' |
   awk '{a=1;for(i=3;i<=NF;i+=3)a*=$i;print $1,a}' | awk '$2>=$1'
   38787 365757
   107839 362753
   205292 342952
   221424 336588
   231518 331954


prev:日記(2021年10月7日) next:jus共催 第56回シェル芸勉強会リンク集

やり散らかし一覧

記事いろいろ




このサイトではGoogle Analyticsやその他ソーシャルボタンのためにCookieを使用しています。もし同意いただけない場合はブラウザでクッキーを無効にして閲覧をお願いします。This site uses cookies for Google AdSense and some social buttons. If you cannot accept our use of cookies, please disable cookies on your browser.