上田ブログ

生きるフリー素材化への厳しい修行(生きるフリー素材だとは言っていない)

お知らせ: NHKで晒されます /  本買ってくださーい /  学科ページにアバンギャルドなインタビュー記事が / 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
   

Tera Termで鍵を作って鍵認証でサーバにログインするまで

なぜ書くか: 自分の本や雑誌から引用するためです。Tera Temrがインストールされている状態から始めます。

鍵を作る

鍵認証する相手のサーバにログインします。それができないなら適当なサーバにログインします。ログイン後、「設定」-> 「SSH鍵生成」をメニューから選んで、次のような画面を出します。

デフォルトのまま(RSA 2048)で「生成」を押します。

鍵の保存

次に、上記の画面の「公開鍵の保存」「秘密鍵の保存」を押します。保存はデスクトップにしておきましょう(いきなりTera TermのProgram Filesに置いても権限がなくて消える可能性があります)。

保存するときにパスフレーズが空だと言ってきますが、かまわず続行します。

保存したら、「閉じる」を押しましょう。

鍵をProgram Filesへ

次にエクスプローラーを開き、Tera Termの
Program Filesのフォルダ(私の環境だとC:\Program Files (x86)\teraterm)
に行きます。

そして、デスクトップからid_rsaとid_rsa.pubをドロップします。ここで、次のように管理者権限がないと言われますが、「続行」を選択します。

コピー後、フォルダの中にid_rsaとid_rsa.pubがあることを確認してください。

公開鍵をログイン先のサーバに移す

ログイン先のサーバにコピーします。もし、Tera Termでログイン先のサーバにすでにログインしている場合は、id_rsa.pubをTera Termの画面にドロップします。すると、次のような画面が表示されるので、そのまま「SCP」を押します。

すると、次のようにホームにid_rsa.pubが存在しているはずです。

ueda@becky:~$ ls id_rsa.pub
id_rsa.pub

.ssh/authorized_keysが存在している場合

次のようにすでに.ssh/authorized_keysが存在している場合は、

ueda@becky:~$ ls ~/.ssh/authorized_keys
/home/ueda/.ssh/authorized_keys

次の操作を行います。

ueda@becky:~$ cat id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys

.sshディレクトリが存在しているが、authorized_keysが存在していない場合

次のように.sshディレクトリがホームにあるのにauthorized_keysがない場合は、

ueda@becky:~$ ls -d ~/.ssh
/home/ueda/.ssh

次のようにします。

ueda@becky:~$ cat id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys
ueda@becky:~$ chmod 644 .ssh/authorized_keys

.sshディレクトリすら存在していない場合

次のように打ちます。

ueda@becky:~$ mkdir .ssh
ueda@becky:~$ chmod 700 .ssh
ueda@becky:~$ cat id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys
ueda@becky:~$ chmod 644 .ssh/authorized_keys

ログイン

サーバから一度ログアウトして、再度Tera Termを立ち上げます。ユーザ名とパスフレーズを入力するところで、ユーザ名を指定し、パスフレーズは空にして、下の「RSA/DSA...鍵を使う」を選択し、「秘密鍵」の横の欄にid_rsaと書きます。

これでOKを押すと、今までの設定が正しければログインできます。



Article Info

created: 2017年 8月 4日 金曜日 16:35:41 JST
modified: 2017年 10月 1日 日曜日 10:50:27 JST
views: 41
keywords: