上田ブログ

生きるフリー素材化への厳しい修行(生きるフリー素材だとは言っていない)

お知らせ: 本買ってくださーい / 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
   

上田に関する情報

インタビューのようなもの

イベントに参加したときの動画

各種プロフィール

掲載するものによって微妙に書き方を変えなければいけないので、
ここに書き溜めてます・・・

学会誌向けのそっけないやつ

2001年東京大学工学部精密機械工学科卒業. 2003年東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修士課程修了. 2004年同専攻博士課程中退後同専攻助手, 2008年同専攻助教. 2009年有限会社USP研究所技術研究員. 2013年産業技術大学院大学産業技術研究科情報アーキテクチャ専攻助教, USP研究所アドバイザリー・フェロー(兼務). 2015年千葉工業大学工学部未来ロボティクス学科准教授. 自律ロボットの研究に従事. 博士(工学).

地元小学生向け

1978年2月16日生まれ。富山県小矢部市出身。小矢部市立大谷小学校、大谷中学校、富山県立高岡高等学校で学び、一年浪人して予備校のある高岡をうろうろし、自宅で勉強とゲームをする毎日を過ごした後、1997年になんとか東京大学に入学。その後、渋谷、原宿、六本木、新宿、高田馬場、秋葉原を徘徊、麻雀その他悪行を重ねつつミスタードーナツ四谷ショップでドーナツを売りまくる日々を1, 2年過ごした後、研究者になるために心を入れ替えて勉学に励む。

大学4年生のときにロボットにサッカーをさせる国際大会「ロボカップ」に出会う。以後、修士課程、博士課程で競技と研究に没頭し、国内、世界を転戦。博士を1年で中退して助手として東京大学に就職。その後助教となる。2007年3月に博士号取得。

その後、日本ロボット学会の研究奨励賞、計測自動制御学会システム・情報部門の奨励賞、教科書の翻訳などの業績を残し、2009年に研究を中断。大学に入った当初少し興味のあったプログラマーの仕事を経験するために2009年に有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所に入社。サラリーマンとなる。企業システムの構築や社外教育プログラムの作成、講師を経験。また、開発経験をもとに技術系の雑誌での連載や、書籍の執筆などライターとしても活動を開始する。

研究を中断していたものの、2013年8月、社会人大学院である産業技術大学院大学に助教として復帰。研究活動を再開する。

2015年9月より千葉工業大学に准教授として移籍。教育、研究、執筆、サラリーマン時代に立ち上げた勉強会の主宰など、学界とソフトウェア業界をまたいで様々な活動をしている。研究の専門は、自分で考えて動くロボットの目と脳の部分。

地元小学生向け(短いバージョン)

1978年2月16日生まれ。大谷小学校、大谷中学校、高岡高校で学び、地元で浪人の後、1997年になんとか東大に入学。学生寮にいたばっかりに激しく遊んでしまう日々を2年間過ごすが、その後、研究者になるために心を入れ替えて勉学に励む。

大学4年生で人の操縦なしでロボットにサッカーをさせる国際大会「ロボカップ」に出会う。以後、大学院で競技と研究に没頭し、国内、世界を転戦。博士課程を1年で中退して助手として東大に就職。2007年3月に博士号取得。

その後、いくつかの論文発表、2つの受賞、教科書の翻訳などの業績を残し、2009年に研究を中断。興味のあったプログラマーの仕事を経験するために有限会社USP研究所に入社。企業システムの構築や社外教育プログラムの作成、講師を経験。また、開発経験をもとに技術系の雑誌での連載や、書籍の執筆などライターとしても活動を開始する。

2013年8月、社会人大学院である産業技術大学院大学で研究活動を再開する。2015年9月より千葉工業大学に移籍。教育、研究、執筆、企業時代に立ち上げた勉強会の主宰など、学界とソフトウェア業界をまたいで活動中。



Article Info

created: 2017年 7月 12日 水曜日 10:20:55 JST
modified: 2018年 11月 5日 月曜日 10:15:51 JST
views: 841
keywords: