the opy book

Thu Oct 10 09:27:54 JST 2019 (modified: Thu Oct 10 09:31:37 JST 2019)
views: 1644, keywords: この記事は最終更新日が4年以上前のものです。

1. はじめに

 opy(オーピーワイ、あるいはオーパイ)は、ワンライナーでPythonを使うためのラッパーコマンドです。Pythonワンライナーで面倒となるテキストの読み込み処理などを暗黙理に行うほか、代表的な行指向言語であるAWKの「パターン/アクション」を取り入れることで、Pythonの文法やライブラリを使った簡潔なワンライナーを書くことを可能にしました。

 このドキュメントは、opyについて網羅的に書いた入門書になることを目指しているものです。まだ書きかけですが、現時点では唯一の入門書です。

1.1 opyを立ち上げる

 opyは、リポジトリ https://github.com/ryuichiueda/opy に置いてあります。インストール方法はこのリポジトリのREADME.mdに書いてあります。

 opyをインストールしたら、opyと打ってみましょう。

opy 1.9.3

   Copyright 2019 Ryuichi Ueda
   Released under MIT license
   https://github.com/ryuichiueda/opy

   You are using Python 3.7.4 with this command.

このようにopyのバージョンやコピーライト、ライセンスの情報が出力されます。また、opyはPythonのラッパーなので、出力の最下行のように、Pythonのバージョンも出力されます。これにより、どのバージョンのPythonの文法や機能が利用できるかを把握できます。

 次に、お約束のHello worldを出力してみましょう。次のように様々な方法がありますが、詳細の説明は次章以降にします。

$ echo Hello world | opy '[F0]'
   Hello world
   $ echo Hello world | opy '[F1,F2]'
   Hello world
   $ echo Hello world | opy '{print(F0)}'
   Hello world
   $ opy 'B:["Hello world"]'
   Hello world
ノート   このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

やり散らかし一覧

記事いろいろ