Sat Apr 5 20:34:58 JST 2014 (modified: Sun Oct 1 10:50:27 JST 2017)
views: 921, keywords: コマンド,セルリアンタワー,シェルリアンタワー,CLI,Linux,Mac,USP友の会,勉強会,シェル芸,シェル芸勉強会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【本番資料】第10回シェル芸勉強会

他の回の問題はこちら

シェル芸勉強会スライド一覧

イントロ

環境

Linuxで解答を作ったのでMacな方は次のようにコマンドの読み替えを。

Mac,BSD系 Linux
gdate date
gsed sed
tail -r tac
gtr tr
gfold fold

Q1

次の数字の列を足し算してください。(できる人はなるべく変態的に)

A1

Q2

スペースと数字と改行を使って次のようなファイルを作り、書いた数を足し算してください。

A2

Q3

文字数を数えてください。改行記号は数えないでください。

A3

(注意:ロケールで出力が違うことがあります。)

Q4

次のようなファイルを作り、ファイルの中に三個存在する文字を出力してください。

A4

Q5

次のようなファイル、ディレクトリを作ってください。そして、file1, file2, file3をカレントディレクトリに移動してください。

A5

Q6

次のようにファイルとディレクトリを作り、hogeと書いてあるファイルをディレクトリa、 それ以外のファイルをディレクトリbに振り分けてください。

A6

Q7

以下の9つのファイルについて、二つのファイルの組み合わせを全て列挙してください。ただし、重複してはいけません。

出力例

A7

Q8

0から999999までの数字の一様乱数を無限に出力し続けてください。

A8

bash ueda@remote:~$ cat /dev/urandom | tr -dc '0-9' | fold -b6 | sed 's/^0*//' ###Macだとgtrとgfoldを使わないとコケる### uedambp:~ ueda$ cat /dev/urandom | gtr -dc '0-9' | gfold -b6 | sed 's/^0*//'



prev:【問題集】第10回シェル芸勉強会 next:第10回シェル芸勉強会無事やり遂げました。





このサイトではGoogle AdSenseやその他ソーシャルボタンのためにCookieを使用しています。もし同意いただけない場合はブラウザでクッキーを無効にして閲覧をお願いします。This site uses cookies for Google AdSense and some social buttons. If you cannot accept our use of cookies, please disable cookies on your browser.