【問題のみ】第26回シェル芸勉強会及びエクシェル芸勉強会

Sun Dec 25 13:06:19 JST 2016 (modified: Sat Sep 30 16:15:34 JST 2017)
views: 632, keywords: コマンド,CLI,Excel,PowerPoint,Word,勉強会,シェル芸,エクシェル芸,シェル芸勉強会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

解答はコチラ

問題で使うファイル等

GitHubにあります。ファイルは

https://github.com/ryuichiueda/ShellGeiData/tree/master/vol.26

にあります。

クローンは以下のようにお願いします。

環境

シェル芸を行うのはUbuntu Linux 16.04です。確認はMacのExcelやWord, PowerPointで行いました。今回は特にワンライナーにこだわる必要はありません。シェルスクリプトにしても構いません。もちろん、一般解にこだわる必要もありません。

イントロ

第26回シェル芸勉強会及びエクシェル芸勉強会

Q1

.xlsxや.docx、.pptxファイルはzipファイルです。リポジトリの中のxlsx,docx,pptxを展開し、中にどんなファイルがあるか見て、再び戻して再び.xlsxファイルとして開いてみてください。

Q2

20141019OSC_LT.pptxのスライドに何回「危険」という単語が出てくるか数えてください。画像になっているものは除きます。

Q3

20141019OSC_LT.pptxのスライドから画像を抽出して、一つのディレクトリにまとめてzipで固めてください。

Q4

20141019OSC_LT.pptxのスライドの7ページ目のテキストをスクレイピングしましょう。以下が出力の例です。

Q5

graph.xlsxの2列の数字を抜き出して端末にSSV形式のデータ(CSVのカンマがスペースになったもの)、あるいはセルの番号と値のリストとして抜き出してください。

Q6

hanshin.xlsxのシートについてQ2と同様SSV形式か、セルの番号と値のリストとして端末上に出力してください。日付のセルについては何を出力しても良いことにします。

Q7

certificate.docxファイルを開いて確認し、人の名前が入るところに好きな名前を入れてみましょう。

Q8

Q7を応用し、次のリストlist.txtで、複数の表彰状を作ってみましょう。



prev:Software Design, ラズパイマガジン, システム/制御/情報 next:【問題と解答】第26回シェル芸勉強会及びエクシェル芸勉強会





このサイトではGoogle AdSenseやその他ソーシャルボタンのためにCookieを使用しています。もし同意いただけない場合はブラウザでクッキーを無効にして閲覧をお願いします。This site uses cookies for Google AdSense and some social buttons. If you cannot accept our use of cookies, please disable cookies on your browser.