Kindleで自分の本が499円になって、書籍のランキング2位になった

Mon Apr 10 22:16:21 JST 2023 (modified: Mon Apr 10 22:43:14 JST 2023)
views: 636, keywords:日記, 詳解確率ロボティクス, 執筆 この記事は最終更新日が1年以上前のものです。

 4月5日、朝起きると、4000円以上する詳解確率ロボティクスがKindleで499円で安売りされておりました。こういうのは、著者にも出版社にも連絡なく、(たぶんAmazonのかなり洗練されたアルゴリズムで)タイムリーに行われます。

「なにしくさんねん」ってどこの方言なんだろう?でも学生さんにはいいですよね。本が研究室や自宅にあって、たまに手元で読みたい人が買ってくださったみたいで、それもありがたいです。

4290円→499円で異常に部数が伸びる

 で、よほど高いけど自分では買わない本だったのか、Amazonでのランキングが急上昇して、全Kindleの出版物中、売れ筋ランキングがしばらく2位でした。

1位と3位は女性ファッション誌だったので、めでたく女性ファッション誌の仲間入りをしました。(ちがう)。つまり雑誌以外では1位だったことになります。また、人気度ランキングという謎のランキングでは アサヒ芸能を2位に従えて堂々の1位 でした。日本一!

この時点ではアサヒ芸能は4位です。受験の前日になに読んでるんでしょう。そのときの結果は合格でした。

電子書籍の印税について

 電子書籍、値下げしても印税の額変わらないみたいなまとめがありますが、そういう場合もありますが、そうでない場合もあります。契約次第です。そのまとめ記事、「変わるわけないだろバカみたいに」断定的に書いてあったし、なんとなく出版社主導なら変わらないと言いたそうだったけど、伝わらない感じの文面だったので、URLは掲載しません。

 一方、もし売れた部数だけ印税入ってたら大変なことになるので、そのまとめが正しいことも期待したいけど、たぶん無理。

悲喜こもごも

↓こういうことがあるので、急な安売りは本当にいいのかという問題が。どこかでお会いできたらサインくらいでお許しください。

↓みんなから「500円なら買う」と散々言われました。ものの価値とはなんなのでしょうか。

↓これも悲しいですね・・・

現場からは以上です。他に告知事項があるんで、明日もブログ書くぞ。

ノート   このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

prev:MisskeyをUbunt22.04の入った手元のノートPC+Dockerで動かしたときのつまづきポイントのメモ next:jus共催 第64回シェル芸勉強会リンク集

やり散らかし一覧

記事いろいろ