【問題と解答】jus共催 第58回シェル芸勉強会

Sat Mar 12 18:34:14 JST 2022 (modified: Sat Mar 12 18:38:07 JST 2022)
views: 2813, keywords: プログラミング,勉強会,シェル芸,シェル芸勉強会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • 問題で使われているデータファイルはGitHubにあります。クローンは以下のようにお願いします。
$ git clone https://github.com/ryuichiueda/ShellGeiData.git
  • 環境: 解答例はUbuntu 20.04 LTSで作成。Macの場合はcoreutilsをインストールすると、GNUのコマンドが使えます。BSD系の人は玄人なので各自対応のこと。

Q1

次のファイルmemoについて、

メモ: 2022年3月5日

   * 2日後: ワクチン接種
   * 6日後: 国際ロボット展
   * 7日後: シェル芸勉強会

次のような出力を得てください。1行目の日付が違っても機能するワンライナーを考えてください。

* 2022年3月7日 ワクチン接種
   * 2022年3月11日 国際ロボット展
   * 2022年3月12日 シェル芸勉強会

解答例

$ cat memo | awk 'NR==1{d=$2}NR>1{gsub(/日後:/," "d,$2);print}' |
   awk 'NF{print "echo","$(date -d \""$3,$2"days\")",$4}' | sed 'y/年月日/-- /'  |
   bash | awk '{print "*",$1$2$3,$7}'
   * 2022年3月7日 ワクチン接種
   * 2022年3月11日 国際ロボット展
   * 2022年3月12日 シェル芸勉強会

Q2

数字を直接打ち込むことなく、date2022年02月22日 2 22:22:22と出力させてください。二列目の2は週番号です。

解答例

$ a=$(($$/$$<<$$/$$));b=$(($$-$$));echo $a$b$a$a$b$a$a$a $a$a:$a$a:$a$a | date -f- "+%x %w %T"
   2022年02月22日 2 22:22:22

Q3

https://file.ueda.tech/eki/p/13.json のJSON形式のデータを、次のようなYAML形式に変換してください。

line:
     - line_cd: "11301"
       line_name: JR東海道本線(東京~熱海)
     - line_cd: "11302"
   ・・・

解答例

$ cat 13.json | yq -o xml | yq -p xml -o yaml

Q4

次のような出力を得てください。

解答例

yes 💩💩💩💩💩💩💩 | awk '{print 7-(NR-1)%7,int((NR-1)/7),$0}' |
   awk '{print $2,substr($3,1,$1),substr($3,$1+1)}' |
   awk '{for(i=1;i<=$1;i++)printf " ";printf("%s %s",$2,$3);system("sleep 0.1;printf \\\\r")}'

Q5

次のファイルputinから、プーチンと読めるものの行番号を表示してください。一般解は不要ですが、行番号は直接指定しないでください。

プ-チン
   プ‐チン
   プーチン
   プ‑チン
   フ‑テン
   プ−チソ
   タ−チャン
   プチン
   プ−チン
   プ–チン
   プーチン
   プチャーチン
   プ―チン
   ポ―チン
   プーサン
   プッチン
   プチ-ン
   プ—チン

解答例

いきあたりばったりですが、一度半角になおして全角に戻すと見通しがよくなります。

$ nl putin | nkf | nkf -Z4 | nkf | grep プ | grep チン | grep -v ッ | grep -v プチ
        1  プ-チン
        2  プ‐チン
        3  プーチン
        4  プ‑チン
        9  プ-チン
       10  プ–チン
       11  プーチン
       13  プ-チン
       18  プ-チン

Q6

次のふたつのファイルについて、

$ cat file1
   バンコ
   クラルンプール
   ャカルタ
   プノンン
   $ cat file2
   プンペン
   アラルンプール
   ンコク
   ジャカタ

次の出力を得てください。行の順番は任意とします。また、完璧でなくてもよいのでなるべく一般的な解を作ってください。

バンコ ンコク
   クラルンプール アラルンプール
   ャカルタ ジャカタ
   プノンン プンペン

解答例

$ join -j9 file* |
   awk -F "" '{for(i=1;i<NF;i++)a[$i$(i+1)]++;for(k in a)if(a[k]>1){b++};print $0,b;delete(a);b=0}' |
   awk '$3>0{print $1,$2}'
   バンコ ンコク
   クラルンプール アラルンプール
   ャカルタ ジャカタ
   プノンン プンペン

Q7

nums.gzhttps://github.com/ryuichiueda/ShellGeiData/raw/master/vol.58/nums.gz)内の数字を全て足してください。

解答例

$ (zgrep -v '^[0-9]*$' nums.gz | zen_to_i ; zgrep '^[0-9]*$' nums.gz ) | awk '{a+=$1}END{print a}'
   50000224232066
   ### AWKで桁落ちするとき ###
   $ (zgrep -v '^[0-9]*$' nums.gz | zen_to_i ; zgrep '^[0-9]*$' nums.gz ) | paste -d+ - - - - - - - - - - | bc | paste -d+ - - - - - - - - - - | bc | paste -d+ - - - - - - - - - - | bc | paste -d+ - - - - - - - - - - |bc | paste -d+ - - - - - - - - - - |bc| paste -d+ - - - - - - - - - - |bc| paste -d+ - - - - - - - - - - |bc| paste -d+ - - - - - - - - - - |bc
   50000224232066
   ### dcを使う例(少し遅いです。)
   $ (zgrep -v '^[0-9]*$' nums.gz | zen_to_i ; zgrep '^[0-9]*$' nums.gz ) | sed '2,$s/$/+/' | sed '$s/$/\np/' | dc
   50000224232066


prev:日記(2022年2月21日) next:jus共催 第58回シェル芸勉強会リンク集

やり散らかし一覧

記事いろいろ




このサイトではGoogle Analyticsやその他ソーシャルボタンのためにCookieを使用しています。もし同意いただけない場合はブラウザでクッキーを無効にして閲覧をお願いします。This site uses cookies for Google AdSense and some social buttons. If you cannot accept our use of cookies, please disable cookies on your browser.