the opy book

Fri Oct 11 22:52:24 JST 2019 (modified: Thu Oct 17 19:11:31 JST 2019)
views: 741, keywords:

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

4. ルールと組み合わせ

4.1 ルール

 パターンとアクションを組み合わせると「パターンにマッチしたレコードに対してアクションを実行する」ということができます。例えば次の例は、入力される数字についてパターンでF1が奇数の行だけを残し、その行の後ろに「奇数」と付加するというものです。

$ seq 3 | opy 'F1%2==1:[F1,"奇数"]'
1 奇数
3 奇数

パターンF1%2==1の後ろにアクション[F1,"奇数"]を並べて書くことで、パターンによるフィルタリングと、マッチした行に対する処理を書くという方法は、AWKと同じです。ただし、パターンとアクションの間には:(コロン)を入れます。パターンとアクションを組にしたものはルールと呼ばれます。(文法上はパターン単体、アクション単体もルールとして扱われます。)

4.2 ルールの組み合わせ

 ルールは複数並べることができます。これもAWKと同じですが、ルールの間にはセミコロン;を入れます。例を示します。

$ seq 3 | opy 'F1%2==1:[F1,"奇数"];F1%2==0:[F1,"偶数"]'
1 奇数
2 偶数
3 奇数

これは、一つ前の例に、偶数の行のルールを付け加えたものです。また、2つ以上のルールを組み合わせるときは、そのうちのいくつかがパターンだけ、アクションだけでも構いません。次の例は、偶数の行の処理をパターンだけ(そのまま出力)にしたものです。

$ seq 3 | opy 'F1%2==1:[F1,"奇数"];F1%2==0'
1 奇数
2
3 奇数

 さらに、一つの行に対して複数のパターンを適用することもできます。次の例はseqの出力に対して、3の倍数のうしろにFizzと付加する例です。

$ seq 15 | opy 'F1%3==0:{F0+=" Fizz"};[F0]'
1
2
3 Fizz
4
5
6 Fizz
・・・

最初のルールで3の倍数の行を検索し、F0(行全体を表す文字列)の後ろにスペースとFizzを付加しています。その後ろのルール[F0]は全行にマッチするので、毎行実行され、F0が出力されます。この際、FizzをつけたF0はリセットされずにそのまま残っているので、3の倍数のうしろにFizzが付きます。

4.3 BEGINパターン・ENDパターン

 BEGINパターンENDパターンは、それぞれopyがファイルを読み込む直前、全て読み込んだ後に実行される特殊なパターンです。最も典型的な使い方は、おそらく次のようなものです。

$ seq 10 | opy 'BEGIN:{a=0};{a+=F1};END:[a]'
55

BEGINパターンで変数aを準備し、各行でaに値を足し、ENDパターンでaを出力しています。

 BEGINENDは、それぞれBEと省略できます。

$ seq 10 | opy 'B:{a=0};{a+=F1};E:[a]'
55

 また、いずれも標準入力なしで利用することができるので、簡単な計算をする際に便利です。次の例は、2の3乗と3の3乗を計算して足すというものです。

$ opy 'B:{a,b=2**3,3**3};E:[a+b]'
35

 また、BEGIN、ENDいずれのパターンも、複数記述することができます。記述した順に実行されるので、例えばPythonの一行一行の処理をそれぞれBEGINパターンやENDパターンにして記述することができます。これを利用して上の例を書き換えたものを示します。

$ opy 'B:{a=2**3};B:{b=3**3};E:[a+b]'
35






このサイトではGoogle Analyticsやその他ソーシャルボタンのためにCookieを使用しています。もし同意いただけない場合はブラウザでクッキーを無効にして閲覧をお願いします。This site uses cookies for Google AdSense and some social buttons. If you cannot accept our use of cookies, please disable cookies on your browser.