日記(2020年1月22日)

Wed Jan 22 19:55:04 JST 2020 (modified: Wed Jan 22 20:07:31 JST 2020)
views: 1155, keywords: 日記, Linux, dviout

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

wineでのdvioutの設定(続き)

 この前、Linuxでdviout使えたバンザイという日記を書いたけど、Ghostscriptの設定がまだでした。で、設定してepsを貼り込めるようにできました。

手順はだいたいこんな感じです。

  • ~/.wine/drive_c/gsに、WindowsでインストールしたGhostscriptをコピー
  • $ ln -s ~/.wine/drive_c/gs ~/gs(ホームにGhostscriptのディレクトリのリンクを作る)
  • dvioutを立ち上げ、Option -> Setup Parameters -> Graphics
  • Ghostscriptをverboseにして、「gsx」を次のように設定
z:\home\ueda\gs\gs9.50\bin\gswin32c -dNOSAFER -I z:\home\ueda\gs\gs9.50\Resource\Init -I z:\home\ueda\gs\gs9.50\Kanji

 これで画像(eps)が表示できました。gswin32cのオプションですが、-Iがライブラリのパスで、-dNOSAFERが、どこかに中間ファイルを自由に置けるという意味のようです。-dNOSAFERを当てるのに時間がかかりました・・・。

シェル芸botが国際化?

 英語圏の人が「こんなbot見つけた!」とシェル芸bot発見の悦びを爆発させたことがきっかけで、シェル芸botで#shellgeiタグが使えるようになったみたいです。

 で、さっそくシェル芸人総出で英語圏勢を出迎えています。

叱られた

 職員証の写真をパーカー姿で撮影したら事務からお叱りの電話がかかってきました。お手数かけました。すんません。



prev:日記(2020年1月17日) next:【問題】jus共催 第46回人類はおそらくシェル芸に仕事を奪われるか奪われないかのどちらかであるシェル芸勉強会





このサイトではGoogle Analyticsやその他ソーシャルボタンのためにCookieを使用しています。もし同意いただけない場合はブラウザでクッキーを無効にして閲覧をお願いします。This site uses cookies for Google AdSense and some social buttons. If you cannot accept our use of cookies, please disable cookies on your browser.